2011年05月22日

原発の思わぬ汚染地区「赤宇木地区」。マダラに散った放射能。

福島原発の半径20km圏が「避難地域」、20〜30km圏は「屋内退避地域」と定められた。それぞれの圏は、原発を中心にコンパスで描いた正円である。

しかし、放射能汚染地域は理想上の円の中に収まるほど大人しくはなかった。汚染地域はチェルノブイリのように、不規則なマダラ模様であった。



原発から27km離れた浪江町「赤宇木(あこうぎ)」という地区がある。

ここの集会所に避難してきた人たちがいた。彼らの自宅は原発から4kmほどだったのである。当然、27km離れた「赤宇木」のほうが安全と考えたのである。

ところが、実際には4kmしか離れていなかった自宅よりも、27kmも離れていた「赤宇木」のほうが、汚染はひどかったのである。「赤宇木」は避難地区ではなかった。



この事実を調べて住民に知らせたのは、国や自治体ではなかった。真実を求めた民間の科学者たちであった。

その科学者のひとり、木村氏は公的な機関で働いていたのだが、今回の事故では、自発的な調査を禁じられた。それを不服として木村氏は辞表を提出し、独自の調査に乗り出した。

彼はかつての東海村の事故の際、初動の遅れにより、正確なデータが収集できなかったことを、ひどく後悔していたのだ。すぐに調べなければ、測定できなくなってしまう物質もあるのだ。



木村氏は車を走らせ、原発のすぐそばまでの道路の汚染状況をつぶさに調べた。その結果、先述の「赤宇木」地区の酷い汚染を発見したのだ。

事故現場から離れているのに局所的に汚染された地域を「ホットスポット」というが、「赤宇木」地区はまさにそのホットスポットの一つだったのだ。

国はこの事実を知らなかったのか?

実は知っていた。この地区は文科省の汚染測定地域だったのだ。そのデータもオンラインで公開されていた。しかし公開データの地名は伏せられていた。

匿名にした理由は「風評被害」を防ぐためだそうだ。国はのちのちの被害を恐れて、今そこにいる住民の安全を犠牲にしていたのだ。

国はこの事実を自治体にも住民にも通知していなかった。住民の情報源はテレビしかない状況にあって、事実を知らせてくれた木村氏は、まさに天の使いであった。

「赤宇木」に避難していた人々は、木村氏に大変感謝しながら、無事にこの地を離れることができた。しかし、すでに身体は徐染が必要なほどに汚染されていた。政府の指示が出たのは、この2週間後。それまで留まっていたら‥‥。危機一髪であった。



なぜ汚染地域は、マダラに散っているのか?

それは風向きと降雪に原因がある。3月15日の2号基の爆発後、風は北西(赤宇木の方向)に流れた。そして、その雲は福島市、飯舘村、赤宇木に雪を降らせた。放射性物質はこの雪とともに地表へと舞い降りたのである。

akougi2.jpg

これは、チェルノブイリの事故とウリ二つの現象である。

チェルノブイリ4号炉は、大爆発とともに大火災を引き起こした。火災は10日間続き、放射性物質は煙とともに巨大な雲を作り出した。悪名高き「チェルノブイリの雲」である。

「チェルノブイリの雲」はヨーロッパ各地で「放射能の雨」を降らし、汚染地域を拡大していった。この時期に雨が降った地域が汚染されたのである。結果、汚染地域は不規則なマダラ模様となった。



福島の事故もチェルノブイリと同じ原理で汚染された。つまり福島の汚染がマダラになるのは定石どおりであり、予想通りだったわけである。

ところが、国が示した避難指示はコンパスで描いた正円を元にしている。あまりにも事実を無視した稚拙ぶりである。

今後、賠償の話になってもコンパスの範囲が基準とされるだろう。コンパスの圏外にいながら、汚染のひどかった地域は、黙っていたら泣き寝入りすることになるかもしれない。



最後に、あるニワトリ農家の話。

ニワトリ一筋の高橋氏が養鶏を始めたのは、シベリア抑留から命からがら帰ってきてからだという。その時のニワトリはわずか50羽。

年々少しずつニワトリを増やしていき、今年は4万羽を飼育する農家にまで成長していた。

ところが、この原発事故。エサを運ぶ業者は、汚染を恐れてパッタリと来なくなる。ニワトリたちは日に日に衰弱し、一羽、また一羽と死んでゆく。

高橋氏は、自分が寝ている間にもニワトリが死んでいることを思うと、いたたまれない想いだったという。苦楽をともにしてきたニワトリたちなのだ。

akougi1.jpg

事態は何の好転もみせず、ついにニワトリは全滅。

ニワトリのエサどころか、高橋氏は今後の生活の糧をも全て失ってしまった。

高橋氏の養鶏場は原発から30km以上離れた圏外に位置する。今後の補償がえられるのかどうかは、まだわからない。



出典:ETV特集
「ネットワークでつくる放射能汚染地図〜福島原発事故から2ヶ月」

NHKオンデマンド
posted by 四代目 at 19:11| Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

役に立たないどころか、被害を撒き散らす「屋内避難区域」の設定方法。



福島第一原発の事故により
不遇をかこつ人々は多いが、
なかでも「自主避難」の人々は悲惨である。

政府が「屋内退避区域」とした地域の人々は、
土地を離れれば「自主避難」とみなされるため、
「交通費も宿代も全部自腹」である。

「屋内退避」とされた地区は、
事実上、公的サービスは停止しており、
買い物、通学すらできない。

つまり、屋内に退避していても、
普通に生活できない環境なのだ。

必然的に「自主避難」せざるをえない。
そうなると「安全格差」が生まれる。

「富裕な人は安全な場所に
長期間逃げることができる。
そうでない人は危険や不便に耐えながら、
いやいや自宅に戻らざるを得ない。」

政府の指定では、
福島第一原発からの距離によって、
「20キロ」「30キロ」という、
コンパス的な正円により危険度が示されている。

チェルノブイリ事故後の
放射性物質の飛散分布図をみれば、
その分布が予想以上にバラバラに飛んでおり、
同心円状でないことは明らかである。

風の強さ、向きにより、
福島原発の放射性物質の分布は、
北西方向に伸びる、歪んだ形をしている。

ところが行政上の支援は、
理想的な正円のもとに行われる。

この理想と現実のギャップが
震災で不遇をかこつ人々を
ことさら苦しめる結果を招いている。

posted by 四代目 at 11:39| Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

日本の智恵は、福島の地を浄化することができるはずだ。

福島第一原発の事故終息とともに、
残された大量の放射性物質の処理が
喫緊の課題として浮上している。

農業の盛んな福島県の土壌が汚染されたのは
まことに大きな日本の損失である。

いかにして土壌を浄化するのか?

ひとつの方法として
植物による浄化の方法がある。

土壌に広く拡散してしまったセシウム137を
植物に吸着してもらうことで、
一網打尽にしようという試みだ。

例えば、菜の花を汚染土壌に植えれば、
菜の花がセシウム137を自分の体内に集めてくれる。

菜の花は痩せた土地でも生育が旺盛であり、
こぼれダネからもドンドン増殖してゆく。

さらに、菜の花の種は「菜種」として、
エタノールが抽出できる。

チェルノブイリの実証試験では、
菜種のエタノールにはセシウム137が
含まれないという結果が出ている。

残った絞りカスを焼却し、
新たなエネルギーとすることも可能である。

菜の花のほかには、根菜類なども
セシウム137をよく吸い上げてくれるようだ。

チェルノブイリの事故で汚染された地域は、
いまだに立ち入ることすらできないほどだ。
その面積は、日本の本州の半分という広大さだ。

汚染地域が自然浄化するのを
指をくわえている見ているわけにもいくまい。

日本の智恵により、福島の地を浄化できたら、
それは世界に誇れる偉業となるであろう。


出典:時論公論
放射性物質を取り除け チェルノブイリの経験から
posted by 四代目 at 06:59| Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

放射線管理区域の4倍の被曝量が、国の新しい基準とは‥‥。



内閣参与であった
小佐古敏荘氏の電撃辞任。

彼の辞任は、日本政府が
年間被曝量を、従来の20倍である
20ミリシーベルト/年に引き上げたことに
対する抗議の声である。

「白血病の発病を認定する労災では
5ミリシーベルト/年で認定が行われる」

また、放射線管理区域の線量が
5.2ミリシーベルト/年。

この区域での18歳以下の就労は禁じられている。
「飲食などはもってのほか」である。

ところが今回の国の基準は、
飲食厳禁といわれる放射線管理区域の
「4倍の値」である。

この数値の放射線の中で、
日常生活をしてもよいと言われても‥‥。
子育てとなると、なおさらである。

筆者は言う、

この政治的決断を下した人物には、
この狂った放射能基準値の「撤回とともに
永久に政界を去って頂くのが正しいと、
科学の観点から私は思っています。」


posted by 四代目 at 13:22| Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

放射能に騒ぐ韓国、原発推進戦略の危機。



「放射能の雨がふる」

そう言って
4月7日に多くの学校を休校させたのは韓国。

放射能の雨は降らなかったが、
事を荒立て、騒ぎすぎたツケが
そのかわりに降ってきた。

韓国で最も古い原子力発電所「古里」。
運転開始は1978年。原発寿命の30年を超えている。
そして、建設には福島第一と同じGEが関わっている。

事件は、放射能の雨騒ぎの5日後に起こった。
オンボロ原発「古里」が自動停止したのだ。

その故障は軽微だとは発表されるものの、
数日前に放射能の雨で騒いだばかりであるから、
国民の興奮は冷めやらない。

「そんな発表が信じられるか!!」
国民の恐怖、不満は頂点に達する。

韓国はフランスに次ぐ、世界第2位の原発依存国。
総電力消費の45%を原発でまかなっている。
韓国の一人当たりの電力消費量は日本よりも多い。

その原発推進の力は、国内のみに留まらず、
輸出主力産業として、2030年まで世界シェア20%という野望をもつ。

東日本大震災の直後、
世界の目が福島第一原発に釘づけになっていたその頃、

韓国の李大統領は、UAE(アラブ首長国連邦)にて
原発の起工式の演説に熱をあげていたという。
大震災の3日後、3月14日の話である。

福島第一原発から漏れ出た放射性物質は、
冷静になってみれば、充分に対処可能なレベルである。

福島第一原発が世界を震撼させたのは、
その放射性物質ではなく、原発不信という大波だったのだ。

原発に異常に過敏になっている現在、
政治家たちは、その行動・発言に細心の注意を払わなければ、
足元をすくわれかねない。

ドイツでは足元をすくわれた政治家が
選挙でまさかの負けを喫している。


posted by 四代目 at 12:14| Comment(0) | 放射能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする