2012年01月10日

ナノ・サイズを巧みに操る現代医療。未病を癒す新技術の数々。


なぜ、病気と判るのか?

それは、細胞が教えてくれるからだ。



病変した細胞は「バイオ・マーカー」と呼ばれる病気固有の「タンパク質」を放出するのだという。そこで、そのタンパク質の「型」を調べれば、何の病気か判定可能になる。

バイオ・マーカーというのは、病気にかかった細胞が「異常を知らせるサイン」のようなものである。



ただ、タンパク質というのは極めて微小である。一般的な大きさは10ナノ・メートル(
1ミリ・メートルの10万分の1)。いくら細胞が病気を知らせてくれても、そのサイン(バイオ・マーカー)は人間の知覚できるようなものではない。

ところが、現代のナノ・テクノロジーというのは、このバイオ・マーカー(タンパク質)を捕らえることを可能にしている。病気固有のバイオ・マーカーに、それぞれの型に応じた結合部を用意してやれば、そこにバイオ・マーカーがくっついてくれるのだ。



さらに、そのバイオ・マーカーに「色」をつけてやれば、より判別しやすくなる。

その色付けに用いられるのは、ナノサイズに粉砕された「金(Gold)」である。金には、100ナノ・メートル以下になると「赤色」を発色する性質があるのだそうだ。

t1.jpg


こうした微細な技術により、病気の判定を高速化することが可能になるという。

たとえば、新型インフルエンザの場合、従来の手法であればウイルスの分析に2週間を要したというが、上述のナノ・テクノロジーを用いれば、わずか3時間半で特定できてしまったという(フレーダート病院・アメリカ)。

少量の血液から病気の特定が可能となる。



最近では血液だけでなく、「吐く息」からも病気が判るのだという。吐く息の中にも、ある種のバイオ・マーカー(病気のサイン)が存在するのである。

そのバイオ・マーカーを捕らえるのは「カーボン・ナノチューブ(炭素を筒状に織り込んだ素材)」。バイオ・マーカーがカーボン・ナノチューブに接した時、電圧が変化する。その変化を読み解くことにより、病気を特定するのだという。

たとえば、肺ガンや喘息(ぜんそく)、気管支炎などは、この手法により見つけ出すことができる。

t2.jpg


ガンの治療率を上げるには、早期発見が欠かせない。

なぜなら、ガンが進行した状態では「延命」することしかできなくるため、「治癒」を目指すには「初期のガン」を早期発見することが肝要だからである。

しかし、ガンの検診率というのは、たいてい2割以下という現状がある。それは、検診が面倒で煩雑なためでもある。要するに「負担」が大きいのだ。



ところが、上述の血液検査や吐息検査は、従来よりも負担が少ない。吐息検査などは「自宅」ですらできる可能性があるほど手軽である(機器も比較的安価で小型)。

そのため、こうした最新の病気判定技術は、病気の早期治療に力を発揮するものとして大きな期待を集めているという。また、病気判定の時間短縮、重症化の防止により、医療費の低減にも寄与するものと思われる。




ナノの技術は「薬」の形も大きく変えようとしている。フィリップ・カントフ医師(ダナ・ファイバーがん研究所)の目指すのは、「副作用のない薬」である。

「副作用」とは、薬が病気以外の部分にも作用することによって生じる。逆に考えれば、薬が「病気の部分だけ」に作用すれば、副作用は起こらないということでもある。

先にも述べたように、病気の部分には「特定の型」が存在する。そこで、その特定の型にだけ薬をくっつくように調整すれば、病気の部分にだけ薬が効くことになる。つまり、副作用がなくなるということだ。



通常、ガン細胞に到達する薬は「2〜3%」に過ぎないのだという。残りの97〜98%の薬は、健全な細胞を傷つけてしまう。これが副作用であり、そのため薬の濃度を上げることは、ガン細胞よりも30倍〜50倍も自分自身を痛めることになってしまう。

ところが、ガンの薬がガン細胞だけを狙い撃ちにできるのであれば、薬の濃度を今の20倍くらいにまで高めても、副作用は起こらないのだという。



具体的には、薬を「ナノ・サイズのカプセル」に詰め込んで体内に投与する。

カプセル表面には特殊な加工が施されており、ガン細胞にだけ付着できる突起物を無数に備えている。そして、ガン細胞に付着して初めて、薬を放出することになる。

t3.jpg


さらに、このカプセルのサイズは絶妙な大きさに調節されている。そのサイズとは、通常の血管の壁からは漏れ出ないが、ガン細胞の付着した血管の壁だけからは抜け出られるサイズである。

ガン細胞に侵された血管の穴は、通常よりも若干大きくなる。というのは、ガン細胞が血管の穴を広げて、そこから栄養を吸い取ろうとするためである。「ナノ・カプセル」は、そのスキに入り込めるサイズに調整されているのである。なんと巧みなことか!

t4.jpg


また、最近では「ワクチン」も人工的に造られる。

通常のワクチンは、病原体の毒性を薄めて(弱めて)人体に投与される。そして、その病原体から身を守ろうとして、体内には「抗体」がつくられる。この抗体をあらかじめ体内で作っておいて、病気の感染を防ごうというのが、ワクチンの狙いである。

ところが、人体に入れられる病原体は無害なほどに薄められているとはいえ、「本物」である。そのため、抗体が出来る前に、本当に病気にかかってしまうこともあるのだという。



そこで登場するのが、人工ワクチンである。本物ソックリに造られているが、「偽物」である。そのため、本当の病気にかかることはありえない。それでも、人体では病原菌の「抗体」が造られることになる。

「ウソも方便」とは言うものの、本物に偽せた人工ワクチンは実に有用である。人体に対しては詐欺行為であるかもしれないが、騙しててでも保険をかけておけば、イザというときに役に立つということでもあろう。



さて、次は「再生医療」を覗いてみよう。ここで登場するのは「人工コラーゲン」である。

コラーゲンというと「お肌の味方」というイメージもあるが、このコラーゲンには「細胞を増殖・分化」させる機能があるのだという。



コラーゲンというのはタンパク質であり、人体のタンパク質の30%以上がコラーゲンというほどにメジャーな存在である。原初の単細胞生物が細胞同士をくっつける「接着剤」としたのが、このコラーゲンであり、我々の身体もコラーゲンによりシッカリと結びついている(対する植物はセルロースにより結びついている)。

コラーゲンは細い細い糸状になっており、その一本一本の細さは、たったの数ナノ・メートル。これら極細の繊維が絡み合って、身体がバラバラにならないように要所要所を極めて強固に結合させているのである(骨と筋肉を結ぶ「腱」などもコラーゲン)。



今の人類は、このナノサイズのコラーゲン繊維を作ることまでできる。

そして、その人工のコラーゲンは、本物同様、細胞の増殖・分化を促し、失われた細胞を「再生」することもできる。

従来は困難とされた神経細胞(脳や脊髄)の再生も、この人工コラーゲンによって可能となる道が開けつつあるという。

t5.jpg


なんとなんと、技術の進化していることか。

これらの最新技術は、まだ実用段階に至っていないものも多いとはいえ、数年以内には実用化される見込みのあるものも多い。

いずれは、ナノレベルで病気を発見して、ナノレベルで病気を治療することもできるようになるのだろう。病気にかかった本人も、ナノレベルでは病気にかかったことも、治ったことも自覚できないかもしれない。



東洋には「未病」という考え方がある。

未病とは、病気が実際に発症する前の「潜伏した状態」のことであり、「自覚できないが、検査では異常が出る」という半健康・半病気の状態である。

実際に病気が発症した時には、たいていかなり進んだ状態のことが多い。虫歯も痛くなってからでは、かなりヤバい状態である。

2,000年前の中国の医学書(黄帝内経)には「未病」の記述が見られ、日本の江戸時代の「養生訓(貝原益軒)」にも記されている。東洋の卓越した医学は、ナノレベルの変化を読み取っていたということか。



東洋医学と西洋医学は、対極のものとして比較されることも多い。

東洋医学が「全体的」だとすれば、西洋医学は「部分的」であり、東洋が「統合」を目指すとすれば、西洋は「分析」に終始しているといった具合だ。

両者のアプローチは確かに異なるだろう。しかし、ナノという微小なレベルにおいて、両者は邂逅を果たしているようにも思える。



科学的には説明のつかなかった東洋の神秘は、ナノレベルにまで降りてきた西洋の分析により解明されようとしているのである。

この点、表面(上)から堀り進んできた西洋医学が、根っこ(下)にいた東洋医学と「出会った」ともいえるのかもしれない。



東洋と西洋に二分していた世界は、統合へと動いているのであろうか。そろそろ、時代の潮目が変わろうとしているのかもしれない。

そして、満ちた潮がまた引くように、再び分離し、そしてまた統合するのかもしれない。分裂するたびに、分離したそれぞれは成長し、再統合した時にはより大きなものとなる。

それは、分裂を繰り返す細胞そのままの動きでもあり、我々人類の進化の過程でもある。



ナノという不可視の世界は、現実という世界を見事に反映しているのかもしれない。

そのスケールは愕然と異なれども、そこには何かしらかの共通したモノが核として存在するようにも思える。






関連記事:
カルシウムに秘められていた生命の神秘。そのカギを開いたのは日本人であった。

脳でも心臓でも再生できるという「ウーパールーパー」。トボけた顔だからと侮れない脅威の再生能力。

インターネットが示唆する、医療の明るい未来

世界初の全身麻酔、成功させたのは日本人だった。華岡青洲の物語。



出典:ナノ・レボリューション 「病が消える日」

posted by 四代目 at 07:53| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

映画俳優がタバコを吸うと、若者がマネをする。映画のタバコ・シーンは激減。

かつて、映画俳優がタバコを燻(くゆ)らすシーンは、ひとつの絵画のように美しかった。

しかし、そのあまりの格好良さが「裏目」に出た。

そんな名場面に憧れて、タバコを吸うことが「憧れ」となってしまったのだ。



タバコ吸いのティーンエイジャーの半数近くが、吸い始めのキッカケを「映画の喫煙シーン」だと回答したのである。

この事実を「由々しき事態」としたアメリカ保健省は、「若者が映画の喫煙シーンに触れさせない取り組み」を本格化。

 この勧告を受け、「アメリカの6大映画会社中、3社はタバコ・シーンの削減を制作方針としている」。



その結果、大ヒット映画の半数以上から、タバコが消えた。

タバコが消え残る映画でも、喫煙シーンは半分以下に激減。



さて、その成果は?

タバコを日常的に吸うアメリカの中高生は、全体の5%にまで低下した。この数値は、10年前の10%から比べると、およそ半減したことになる。

好奇心からタバコを試す中高生も、10年前の30%から15%に半減。

アメリカ保健省による取り組みは、見事に功を奏したことになる。



タバコに対する常識は、年々ネガティブなものに書き換えられてきている。

このネガティブ・キャンペーンは、年々「過激さ」も増している。

タバコの箱に、見るもおぞましいグロテスクな写真(真っ黒な肺、ボロボロの歯、失明した眼球)を掲載しようという動きも、オーストラリアやニューヨークで持ち上がっている。

世界各国の政策も、反タバコ的なものが多くなった。



なぜかといえば、タバコが原因の病気が増えすぎて、政府の医療費がパンクしそうだからだ。

ご存知の通り、先進国ほど国家の借金は多い。

高齢化により、ただでさえ医療費は自然増加するのに、10代からタバコを吸われては、ますます病人が増えてしまう。

タバコのネガティブ・キャンペーンは、モラル向上という崇高な目的というよりは、国の借金をこれ以上増やしたくないという、より「切実で涙ぐましい」ものなのである。



気になる日本は、喫煙パラダイスである。

何より、政府がタバコ会社の株を大量に保有しているため、なかなか他国のような思い切った政策が打ち出せないのである。

タバコの害による医療費は削減したいが、株の配当金も捨てがたい。

世界に誇れない、みじめな日本の現実である。



posted by 四代目 at 18:14| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

隔離された島に残る元ハンセン病患者たち。未来へ繋ぐ次代の力。


「ハンセン病」という病がある。

何千年にもわたり、人類を苦しめてきた病である(戦国武将の大谷吉継は、この病のため顔を布で覆っていたという)が、日本では1970年代には、制圧された。

この病の苦しみは、病それ自体もさることながら、無知と偏見による「社会的な苦しみ」の方が、よっぽど大きい。



ハンセン病は「伝染する」という迷信から、ハンセン病患者が「隔離」されるのは、世界中に見られる歴史である。

確かに伝染はするものの、空気感染するほどではなく、むしろ「伝染性は弱い」と分かったのは、近代以降である。



瀬戸内海に浮かぶ「大島」。

この風光明媚な島は、1909年、ハンセン病患者の隔離地とされた。

現在この島に暮らす100名前後の島民は、未だ、その負の歴史を引きずっている。



この島に何を感じたか、二人の若い女性が「カフェ」を開いた。

島民たちの平均年齢は、80歳を越える。そんな島民たちにとって、このカフェは若い人と交流できる、島では珍しい場所となった。

ハンセン病の後遺症が残り、手の指が思うように動かなかったり、視力を失っていたり…。そんな年老いた島民たちにとって、この2人の女性は、まさに観音様のような存在である。

cc2.jpg


ポツリ、ポツリと老人たちは語り始める。

社会に厄介者扱いされ、語りたくとも語れなかった過去。



歴史は勝者・強者の視点で語られるため、弱者の歴史は、時の流れとともに、その影に隠れ、そのまま埋もれてゆく。

それでも、語らなければならない歴史が、ここ大島にはある。

島民たちは、観音様を前に、小さな声でつぶやき始める…。



かつて、ハンセン病にかかってしまうと、通常の社会で生活することは許されなかった。徹底的に差別され、隔離された。

子供をもうけることも許されなかった。断種手術、中絶手術などが、患者に強要された。

患者が死亡すると、本人の生前承諾もなく、強制的に解剖に回された。



社会的な隔絶は、人間としての尊厳を著しく損なう(鎌倉の昔、ハンセン病患者は「非人」とされた)。施設内に「うつ病」は蔓延し、自殺を考えることも珍しくはなかった。

「目が見えなくなった時だな、だいたい自殺を考え始めるのは」

片目の視力を失った老爺は、つぶやく。



現在、ハンセン病は、伝染性が非常に弱いことが分かっている。万が一感染しても、治療は充分に可能で、失明などの後遺症が残ることは、もはやありえない。

差別を続けられてきたハンセン病患者に、光明が射し始めたのは、1873年のハンセン氏による「らい菌」の発見である。

それまで、原因不明の伝染病とされてきたハンセン病だが、その原因が「らい菌」によることが明らかにされたのである。



1931年、国連は、ハンセン病の早期患者に対し、隔離しないよう勧告。世界で初めて、「脱・隔離」に向けた方策が示された。

しかし、日本では、この年にさらなる隔離を推し進める「強制隔離」政策が開始されている。

日本は、国連の常任理事国であったにも関わらず、世界の「脱・隔離」に真っ向から刃向かった(この2年後、日本は国連を脱退し、第二次大戦へとヒタ走る)。

第二次大戦の敗戦後も、日本は一貫してハンセン病患者の隔離政策の立場を崩さなかった。

1958年、隔離政策を続ける日本に、世界中の非難が集中。隔離の全面破棄を求められる。しかし、それでも日本政府は、頑として聞く耳を持たなかった。



日本が態度を変えるのは、1996年である。この年に、ようやく強制隔離を成文化した悪法「らい予防法」が廃止される。

これをもって、隔離政策は終止符を打ち、ハンセン病患者は、一般の病院で診てもらえるようになった。

2001年、裁判所は、国のハンセン病患者の隔離政策に「違憲」の判決を下す。

時の首相、小泉純一郎氏は、国の責任を認めて謝罪。

cc4.jpg


ハンセン病に対する日本の歴史をみると、つい最近まで差別され、隔離されていたことが分かる。

日本のハンセン病患者は、今でも偏見の目に苦しんでいる。

おいそれと語ることは、いまだ躊躇(ためら)われる。



いつの時代も、為政者たちは、自分たちを正当化しようと必死である。

そのため、本当の歴史が語られ始めるのは、だいぶ時をおいてからである。

時には100年、ひょっとすると1000年、真実は覆い隠されたままになる。



歴史は過去の遺物とは限らない。

現代の諸問題を解く手掛かりが、歴史の中に隠されているかもしれない。

為政者の歴史だけではなく、声にならない声に耳を傾けることも、時には必要である。

cc3.jpg


今、若い世代が「隔離された島」にカフェを開き、聞くべき歴史を聞いている。

語らずば消えてゆく歴史が、新たな語り部に受け継がれている。

元患者たちは、語ることで癒される。聞いてもらいたくとも、今までは、語る相手がいなかった。

cc1.jpg


過去を書き換えることは出来ない。

未来は、過去の上にしか築くことが出来ない。

欠落した過去が多ければ多いほど、未来は不安定にならざるをえない。



出典:目撃!日本列島 「“ハンセンの島”のカフェ」

posted by 四代目 at 17:19| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

タバコに厳しくなりつつある世界。それでもタバコは売れ続ける。



タバコの害で死ぬ人は、世界で毎年600万人。

その1割にあたる60万人の死者は、タバコを吸わない人。漂(ただよ)うタバコの煙害(受動喫煙)である。

タバコを吸わない人の、受動喫煙(副流煙)による死者は、半数が「女性」で、3分の1が「子供」。

当の喫煙者の6割以上は、タバコが原因の病気で死ぬ。



イギリス・インディペンデント紙によると、

「アルコール被害や交通事故、違法薬物による死亡、そして、殺人、自殺などよりも死者数が多い」。



そんな危険性をよそに、世界のタバコ消費は拡大傾向。20年前から20%の増加。

タバコ・メーカーの売上げも右肩上がりである。



タバコの消費が急激に伸びているのは、「途上国」である。

タバコ・メーカーの収入は、7割以上が「途上国」から上がってくる。



たとえば、インドネシア。

「タバコ中毒の2歳児(一日40本)」が世界に知られたように、子供の喫煙が多い。その数、なんと2,100万人。



世界最大の喫煙国は、「中国」だ。

喫煙人口は「3億人」。日本の総人口よりも、はるかに多い。



先進各国では、喫煙者の数は減少傾向。

各国の禁煙政策が効を奏しているのかもしれない。



「アメリカ・ニューヨーク」のタバコは、増税により全米最高値(900〜1200円)。

公共施設内はもちろん、公園や浜辺でも喫煙が禁じられている。



「スペイン」では、今年に入り、バーやレストランなどの飲食店を全面禁煙。もともと公共施設は禁煙だったが、飲食店は対象外だった。


「イギリス」では、タバコの陳列販売を禁止。カナダ、アイルランド、フィンランドでも、すでに陳列販売は禁止されている。



「オーストラリア」では、タバコのパッケージに「ロゴ」を入れることを禁止する法案が提出された。

メーカーの宣伝の代わりに、おぞましい写真(ガンになった真っ黒の肺、失明した眼球、病気になった歯茎など)がパッケージを飾る。

ケビン・ラッド前首相は、「タバコは人を殺すものだ」と断言。



「ニュージーランド」の刑務所では、全面禁煙を前に、タバコの代わりに「ニンジン」スティックが提供された。


「スウェーデン」では、禁煙の場所で、タバコを吸う人を見つけたら、報奨金(6万円)がもらえる施設がある。



「フィンランド」は、「タバコ全廃」を掲げる世界唯一の国家。

タバコ企業には、フィンランドからの「完全撤退」を迫っている。

未成年へのタバコ規制は厳しい。未成年が所持することはもちろん、未成年にタバコを売ったり譲ったりしても罰せられる。インターネットでタバコを売ることもできない。



世界的に、禁煙の潮流が確実に広まっている。

しかし、幾多の例を見てわかるのは、よっぽど強制力が強くなければ、タバコは止められないということだ。

世界の例からは、日本が「喫煙者に大変優しい国家」であることも判る。


posted by 四代目 at 17:42| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

腎臓は27万円。臓器を売りiPadを買った高校生。移植大国・中国の現実。



「腎臓」を売って、「iPad2」を買う。

そんな強者(つわもの)の高校生が「中国」にいた。

彼が受け取った報酬は「約27万円」。その金で、iPadやノートパソコンを買ったらしい。

インターネット経由で「臓器密売人」と接触。家族には内緒だったが、母親が息子のiPadに不審を抱き、手術痕を発見。警察に通報。

「臓器密売人」の携帯は、すでに切られていたという。



中国では、2007年に臓器売買を正式に禁止した。国際的な批判を受けてのことだった。

しかし、禁止以降、取引は水面下に潜りこみ、闇の世界が大きく広がった。

表面的な国際批判が、現状を悪化させた形だ。



中国は、年間1万件以上の臓器移植が行われる「移植大国」。

移植される臓器の9割は「死刑囚」のもの。

中国では、年間で「少なくとも数千件」の死刑が執行されているという(未発表)。



外国人への移植も禁じられているが、「儲け」の大きい外国人への移植はやめられない。

中国の闇医師たちの技術は怪しく、術後に感染症を起こし、死亡するケースも少なくないという。

今回の高校生のように、20〜30万で臓器を買い取り、800〜1,200万円で移植の手術を請け負っているそうだ。


posted by 四代目 at 12:28| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする