2011年06月05日

ならず者は本当にならず者か?「カダフィ大佐(リビア)」。国連演説にみる別の顔。

現在、国連軍の空爆を受けている国、「リビア」。

この国の最高指導者は「カダフィ大佐」である。

「砂漠の狂犬」、「アラブの暴れん坊」、「頭のテッペンから足の爪の先まで狂っている男」などなど、彼の強烈な個性を物語る、楽しい「あだ名」を山ほどもつ男である。



リビアが大規模に爆撃されるのは、これで二度目である。

1986年、アメリカのレーガン大統領は、カダフィ大佐の暗殺を決意し、リビアの首都トリポリを攻撃。300発の爆弾を投下。48発のミサイルを発射した。

kada2.jpg

これに先立つ中東戦争以来、リビアはイスラエルと激しく敵対。1978年にイスラエルと和解したエジプトを猛烈に非難。

その後の数々のテロ事件との関与疑惑とともに、1979年、リビアはアメリカから「テロ支援国家」の指定を受ける。

レーガン大統領のリビア攻撃は、アメリカ人が死んだテロ事件(西ベルリン)に起因したものだった。



カダフィ大佐は、あらゆる強国を敵に回し、時には実弾攻撃をくらいながらも、今なおしぶとく生き抜いている。

アメリカ、イギリス、フランス、ロシアなどとの交渉は「お手のモノ」。国際社会の酸いも甘いも知り尽くし、影に日向に、生き抜いてきた。



2009年、その悪名高き「カダフィ大佐」は、国連で演説をかます。

当初の割り当て時間であった15分を悠々と無視し、彼の演説は1時間半を越えた。

リビアを「ならず者」国家と呼ぶ、西側先進諸国に冷笑されたこの演説は、発言の過激な部分を誇張され、国際社会の批判の対象となった。

というのも、この演説の内容は、国際社会では「タブー」とされる爆弾発言の連続だったからである。

しかし、彼の演説は、過激ではあるものの、我々に「世界の矛盾」を考えさせる一助となるものであった。

kada1.jpg

カダフィ氏は、国連の存在意義に疑問を呈す。

平和を大儀とする国連は「過去の65の戦争を防がなかった」。「それらの戦争には何百万人の命を奪った8つの大きな戦争を含んでいる」。



彼は国連の常任理事国が「偏った地域」にあることを懸念する。

「ある国には拒否権があり、別の国にはない。ある国には永久の席(常任理事国席)があり、別の国にはない。」

現在の常任理事国は、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国。これらは皆、第二次世界大戦の戦勝国であり、北半球の国々のみである。

「これが正義であり、民主主義か?」。「非民主的な構成であり、圧制的な独裁である」。



アフリカについて語る。

「アフリカは植民地化され、不正をされた。彼らはアフリカを動物のように見なし、奴隷取引をした。」

「ヨーロッパは、石油・野菜・食品・家畜と人間だけでなく、金・銀・銅・ダイヤモンド・鉄・ウランと他の全ての価値ある鉱物を持ち去った」。

ヨーロッパではアフリカからの移民を問題視するが、彼は反論する。

「移民を止めるためには、この富を返す決意がなければならない」。「彼らにはそれを追い求める権利がある」。



カダフィ大佐は「イタリア」を評価する。

「イタリアは植民地化が間違っていたと認めた。イタリアは謝罪し、植民地時代を償っている(毎年2億5千万)。」

「植民地化を決して繰り返さないように、それを罰すること、補償を支払わせることが必要である」。



アメリカの「オバマ大統領」を評価する。

「彼は声をあげて、核兵器廃絶を求める。これは我々が拍手喝采することである。」

「かつてのアメリカは、リビアの子供たちに毒バラ(爆撃を意味する)を送ったものだ」。



カダフィ氏は、国連が防ぐべきであった、かつての戦争を語る。

「朝鮮戦争では、もう少しで原子爆弾を使うところであった。」

「スエズ運河戦争では、何千ものエジプト人が殺された。国連があったのに。」

「ベトナム戦争の12日間で落とされた爆弾は、第二次世界大戦4年間で使われた爆弾以上だった。300万人の犠牲者が出たと言われる。」

「国連は、パナマで4,000人の市民を殺し、独立国家の大統領を、犯人として連れ去り、刑務所にブチ込んだ」



カダフィ氏が、和解を試みて失敗した「イラクとクェート」。

「イラク戦争は、すべての悪の源。イラクへの侵攻は国連憲章違反である。イラクは独立国であり、総会の一員である。」

「イラクを攻撃したかったがために、国連憲章はゴミ箱に入れられ、無視された。」




カダフィ氏は、国連が一連の戦争行為に対して、充分な調査と責任追及を行っていないことを批判する。

「なぜ、フセイン大統領は死刑にされたのか?処刑はあいまいなままである。国連はそれの答えを出さなければならない。彼は国連加盟国の大統領である。」

この戦争では、捕虜もひどい虐待を受けた。

「彼らは、犬をけしかけられ、男性は強姦された。これは前例がない。捕虜たちは、国連加盟国で強姦された。」



アフガニスタンにおける戦争は?

「なぜ、アフガニスタンに敵対しているのか?」

「なぜ、タリバンに敵対しているのか?」

「ビンラディンは、タリバンの出身ではなく、アフガニスタンの出身でもない。」

「ニューヨークを攻撃したテロリストたちは、アフガニスタン人でも、タリバンでもない。」

「なぜ、アフガニスタンに行って攻撃するのか?」



ソマリアの海賊問題。

「ソマリ族は海賊ではない。海賊は我々自身である。なぜなら、我々がすべての漁場を開拓したからだ。」

「我々は、彼らの経済と彼らの地域の海を徐々に蝕んだ。我々は侵略者である。」

「ソマリ族は、子供たちの食べ物である彼らの海を守らなければならなかった。彼らは身を守るために海賊に変身したのだ。」

「すべての国は、有害廃棄物をソマリア沿岸に投げ捨てるのを慎まなければならない。」



ウイルス問題。

「薬は無料であり、ワクチンは無料である。」

「資本家の企業がワクチンを売って金を儲けてはならない。そうでなければ、彼らはウイルスを生産し、ワクチンを高値で売るようになる。」

「薬は無料で、売り物ではないと宣言しなければならない。」



以上、カダフィ氏の演説は、どこかの理想主義者の言葉のようである。とても世界の極悪人の言葉とは思えない。

世界の嫌われ者・カダフィ大佐は、先進諸国の急所をモロに直撃したがために、この演説は黙殺された。

カダフィ大佐の演説には正論が多いものの、言葉づかいや表現が、ついつい過激になってしまうので、揚げ足を取るのには、まったく都合が良い。

実際、報道などで部分的に取り上げられるのは、そういった部分であり、彼の演説の主旨を大きく外すものである。



彼を愚者と見なすのも良い。しかし「愚者にも一得」はある。

確かに、彼の過去には非難すべきところが、山とある。しかし、だからといって先進国に非難すべきところが無いとは言い切れない。

世界広しといえども、一国をあずかる立場の者が、公の場で面と向かって、先進諸国の非を鳴らすのは、カダフィ氏くらいであろう。

恐るべき肝の持ち主である。彼には怖いものがないのであろうか?



現在、リビアでは反政府活動が過激化し、国連軍はカダフィ氏を敵とみなし、街を爆撃した。

その爆撃で、カダフィ氏の息子一人と孫三人が死んだ。かつて、レーガン大統領の爆撃でも、彼は娘一人を失っている。

欧米諸国は、カダフィ氏の子ども達の死を「然るべき報い」だとしている。ビンラディン氏殺害のように。

カダフィ大佐に味方がいないわけではない。ロシア、中国は、今回の爆撃に難色を示し、南アフリカも爆撃を非難している。



当のリビア国民はどうなのであろうか?

客観的な数字を見ると、カダフィ氏の独裁が国民を苦しめているばかりとも言い切れない。



1969年の無血革命によってカダフィ氏が政権を握って以来、石油収入は激増。そのお金で、家・自動車・病院・工場など、国民が必要なものを整備。

リビアの生活必需品は、非常に安価。彼がジャマーヒリーヤ(イスラム社会主義)と呼ぶ、経済システムの成果だという。

教育費に関して、国公立の学校はすべて「無料」。そのおかげで、リビアの識字率は82.5%と高水準。隣りのエジプトは57.7%、チュニジアは74.2%と、リビアよりグッと悪い。

統計の数字からは、カダフィ氏の別の顔が見え隠れしている。



カダフィ氏の政権は、41年続いている。これは世界で最長の政権である。

一方的な「悪」が、これほど続くものだろうか?

中国・三国時代の「曹操」は、歴史上、長らく悪の代名詞とされてきたが、今になって、見直す向きもでてきている。

カダフィ氏も、このまま悪として葬り去られる可能性が高いが、評価すべき面もないとはいえない。



「多極化した世界という言い回しを考慮しなければならない。多極化とは極が対立するということである。我々は、すべての国が平等である世界に、極がないようにしたい。」

「この地球は、超大国だけのためにあるのではない。」

これらは、世界のならず者・カダフィ氏の言葉である。

「ならず者(Rogue)」とは、超大国に不都合な人物のことに他ならない。



関連記事:功罪ともに深いカダフィ大佐。その死に想う。


出典:国連総会2009年9月23日 カダフィのスピーチの内容

BS世界のドキュメンタリー 「最愛の敵 カダフィ」
posted by 四代目 at 10:11| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

一年間、電気が停まったら? 無防備すぎる現代文明のアキレス腱・電力。

もし、電気が一年間停まったら?

現代社会は存続しうるであろうか?



現代文明における、最大のアキレス腱(弱点)は「電気」である。

電気がなければ、ただ「暗い」だけでは済まされない。

「水と食料」が断たれる。

浄水場が水をくみ上げ、各家庭に分配するのは「電気」の力であり、食料の生産・流通においても、あらゆる過程で「電気」が絡んでいる。

電気が一年も来なかったら、無数の「餓死者」がでるのは必然である。



世界一「用心深い」アメリカは、こうした電気が断たれる事態を想定しているという。

旧ソ連との「ツバぜり合い」、冷戦時代のタマモノである。



今から50年ほど前(1962年)、米ソ両国で行われた核実験は、思わぬ不測の事態を招いた。

はるか上空で爆発させた爆弾から発せられた「何か」により、電気機器はじめ、送電網、通信網が破壊されたのだ。

のちに、この「何か」は放射線の一種「ガンマ線」であることが判明。

「ガンマ線」が空気中の窒素と酸素に激突し、それらの電子が無数にバラまかれることによって、電気関係のあらゆるものを破壊してしまうという。

その破壊までのスピードは、10億分の1秒。まさに一瞬である。

この発見で、爆弾を地上に落とすのではなく、上空で爆発させることにより、敵国の通信を遮断させる攻撃が可能になった。

この攻撃をする爆弾を「電磁パルス爆弾」という。



アメリカが「ならず者」と呼ぶ、アメリカの言うことを聞かない「北朝鮮・イラン」などは、「電磁パルス爆弾」を使う危険性がある。

もし、北朝鮮が自国の上空で「電磁パルス爆弾」を爆発させれば、韓国・日本の電気インフラをすべて破壊することが可能である。

teiden1.jpg

「電磁パルス」が降り注ぐや、一瞬で停電が起こる。発電所・変電所は破壊され、普及まで最低でも1年。

民間航空機はすべて墜落。自動車の10台に一台は故障。



アメリカは、こうした危機に備え、電磁パルスの影響を受けない戦闘機「E6・マーキュリー」を配備している。

teiden4.jpg

電磁パルスが、インフラに与える影響を実験によって検証、民間レベルでの対策シミュレーションにも余念がない。

インターネットを電磁パルスから守る銅製の防御ボックスも開発中である。



とはいえ、軍事攻撃は、どこか非現実なところがある。

ところが、「電磁パルス」は自然現象としても確認されている。



今から150年ほど前、赤道付近(ハワイ)で「オーロラ」が出現。

「オーロラ」は本来、「地球の磁場」を「太陽風」がスリ抜ける「北極・南極圏」のみの現象である。

赤道付近で「オーロラ」が出現するのは、異例中の異例。

その時の「太陽風」は、地球の磁場を打ち破るほどに強力だったのだ。

このとき地球に降り注いだ「電磁パルス(プラズマ)」により、電子機器はすべてショート。当時の電報が不通になった。

この2日前、太陽の黒点2つが異様に巨大化していたという。

taiyo1.jpg

また、20年前の1989年、カナダのケベック州が大停電。「太陽風」により、変電設備が破壊されたためだ。

現在、太陽の監視は徹底して行われている。

黒点などの動きに注視し、太陽と地球の間に衛星を配置して、その兆候をいち早く捉えんと、目を皿にしている。

現在の技術では、「太陽風」の強まりを、事前に察知することが可能である。

「太陽風」が強まれば、変電所を停止する措置がとられる。



東日本大震災により、東北各地は大規模な「停電」に見舞われた。

首都圏においても、無差別な「計画停電」によって、多大な被害が出た。

局所的・一時的な「停電」ですら、国は大混乱となることが身をもってわかった。



それが全国規模、かつ長期にわたるものであれば、想像を絶するものとなる。

電気を送る巨大な鉄塔と電線は、「電磁パルス」を誘導し、発電施設を真っ先に破壊する導火線となる。

teiden3.jpg

発電所・変電所に被害が出れば、設備の普及に最低一年はかかると見られている。

一年という時間は、国を滅ぼすには充分すぎる時間である。

アメリカが太陽・風力などのグリーン・エネルギーに力を入れるのは、地球環境を考えてのことではなく、こうした事態から自分の身を守ることを考えてのことだと言われている。



我々の現代文明は、電気を頼りに「猪突猛進」し、災害からの備えを省みることがなかった。

その結果、あまりにも無防備で脆弱なインフラが構築されてしまっている。

文明の発展は、「攻め進む」だけでは片手落ちであり、時には「退いて守る」ことも必要である。



世界一「無防備な国」日本は、大震災によって、国民の危機管理意識が、飛躍的に高まった。

我々は個人レベルでも、電気が失われる事態に対応する必要がある。

「水・食料」の備蓄、電気を使わない浄水機器、食料生産スペース、独立した発電システムなどなど。

平時に蓄えた富(お金)を、非常時の命綱に交換しておくのは賢明である。

幸い、現代文明は、あらゆるタイプの命綱を開発してくれている。



第二次大戦時、ロシアに攻め入ったドイツ兵は、略奪の限りを尽くし、金銀をポケットに詰め込めるだけ詰め込んだ。

ところが、攻守一転、退却するハメに。

厳しい冬の寒さの中の退却。ポケットの金銀が、異様に重い。金銀は、囚人の足かせのようだった。それでも金銀は捨てられない。

激しく消耗し、ついに金銀を捨てる者が現れる。しかし、それでも金銀を後生大事に抱える兵士も。

のちにロシア軍が見つけた、雪の中のドイツ兵の凍死体のポケットには、金銀がこぼれんばかりに詰め込まれていたという。



ドイツ兵の最期が、現代文明の最期とシンクロする。

現代文明は、まだ手遅れではない。

金銀を捨てる勇気をもてるのか?



出典・参考:BS世界のドキュメンタリー シリーズ
 想定ドキュメンタリー 迫り来る危機
 「電磁パルスの脅威に備える〜リーダーのための最新科学」
posted by 四代目 at 06:19| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

アメリカに頭を押さえつけられている日本。次期戦闘機の選定。

東日本大震災の「津波」により、松島基地の「F2戦闘機」18機が水没。そのうち3分の2、12基は復活不可能となった。



「F2戦闘機」は、日米で共同開発した戦闘機で、各種パーツは日本国内でも高いレベルで生産可能である。

戦闘機で培った高い技術力は、戦闘機のみにとどまらず、民間航空機、鉄道などへも応用可能で、日本の製造技術の研鑽に大いに役立ってきた。



しかし、「F2戦闘機」は今秋の最終機をもって「製造終了」。

次期戦闘機の候補には、日本で開発されるものはない。今まで脈々と培ってきた日本の高い技術は、F2戦闘機とともに消え去ることとなる。



次期戦闘機の候補は「FA18・スーパーホーネット」「ユーロファイター・タイフーン」「F35・ライトニングU」の三つである。

このうち「F35・ライトニングU」は、納入が間に合いそうもないので、事実上、候補から消滅。この機は、生産国であるアメリカ国内でも、開発コストが高すぎて(1機200億円・他候補の2倍)、非難ゴウゴウの戦闘機である。



異色なのはヨーロッパ製の「ユーロファイター・タイフーン」が候補として挙げられていることである。

第二次大戦以後、日本はアメリカ産の武器を主に使ってきた歴史があり、ヨーロッパ産の武器の導入を検討するのは、極めて異例。

この「ユーロファイター」の全ての部品(エンジン・レーダー含む)は、「ライセンス生産」が可能で、日本で製造・開発できる。これは日本の発展にとって大きな魅力だ。

生産を手がけるイギリスの「BAEシステムズ」は情報開示に積極的である。

もう一つの「FA18・スーパーホーネット」はアメリカ産であり、もっとも有力とされるが、情報開示には消極的で、ライセンス生産は50%程度、重要部品(レーダーなど)は機密とされる。



政治的な思惑を抜きにすれば、「ユーロファイター」が望ましいとされる。

なぜなら、100%のライセンス生産のおかげで、日本で製造可能である。最先端の戦闘機を国内で製造することは、技術発展に大きく貢献し、国内経済も潤うからである。



しかし、アメリカが黙っちゃいない。

「F2戦闘機」のときもアメリカはシャシャリ出てきた。その結果、日本だけで開発する予定が、アメリカとの共同開発に持ち込まれてしまった。

アメリカは、ゼロ戦や戦艦・武蔵を造った「三菱重工」が「F2戦闘機」を独自で手がけることに、勝手に恐怖したという。

暴力的な国家は、他国の暴力を勝手に妄想するものらしい。



今回もアメリカの発言力は大きい。

おそらくは、アメリカの意向が強く入った決定がなされるであろう。

日本は国防をアメリカに一任している立場なので、アメリカ様には唯々諾々と従うより他にない。

日本は主権国家なのかと、世界にバカにされる所以である。



posted by 四代目 at 04:49| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

世界を悲観する知識人、楽観する科学者たち。Financial Times



誰が「世界は悪い方向へ向かっている」と言っているのか?


「知識人」たちは決まって悲観的な見方をするという。

「1875年から1925年までの半世紀に欧州の生活水準は想像もできなかったレベルに向上したが、知識人たちは没落や退廃、災厄が近づいているという不安にとりつかれていた」。



一方、科学者たちは楽観的だという。

楽観的な科学者の間で、もっとも楽観的とされる人物が「ビル・ゲイツ氏」。彼はマイクロソフトの創業者である。

ある日、彼は20世紀の人類の偉業を絶賛していた。それを異としたある人が「じゃあ、第二次世界大戦はどうなんですか?」と迫る。

ゲイツ氏は「確かに、一時的な乱れは何度かあった」と一毛の迷いなく即答。

彼にとっては「大戦争」も「一時的な乱れ」に過ぎないのだ。



未来がどうなるかは知らないが、長期的には楽観的な世界にも、「一時的に」乱れることはある。

知識人たちは、その乱れを凝視し、科学者たちは、それを横目で見ているということか。



posted by 四代目 at 07:22| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

テロと関係が深いパキスタン。しかしそれは大国の強迫による歪んだ結果であった。The Economist



「パキスタン」は、テロの親玉・ビンラディン氏が潜伏していた国であった。

真偽は定かならずも、パキスタンがビンラディン氏をかくまっていたと見る向きは強い。



アメリカとパキスタンは、表面上は友好的に見せようと必死だが、本音ではお互いを声高に非難したくてしょうがない関係にあった。

今回、アメリカがパキスタンに無断でビンラディン氏の殺害作戦を決行したことにより、パキスタンは国際社会に本音をもらし始めた。「主権侵害だ」と。

パキスタンのアメリカに対する抑え切れない鬱憤(うっぷん)は一部で爆発した。

パキスタンはアメリカ軍の無人機を攻撃。もともとパキスタンは自分の国の上を、アメリカの無人機がフラフラ飛んでいるのが癪(しゃく)にさわってしょうがなかったのだ。

パキスタンの攻撃は続く。今度はNATO軍のヘリに発砲。これら「極めて異例」の攻撃に、パキスタンの西側諸国に対する沸々とした怒りを感じずにはいられない。



「パキスタン」は国家予算の16%を軍事にあてている。軍は55万人。軍部の力が強い国のひとつである。

パキスタンが軍の増強を目指したのは、たゆまぬインドとの確執の結果である。



インドとパキスタンが割れたのは、1947年のイギリスからの独立時。このとき、数十万人の犠牲が出ている。

別れた両国は、それ以来、それぞれの道を進むこととなった。パキスタンはインドに対抗するため、アメリカから軍事支援を受ける。インドが旧ソ連に支援されていたからだ。

パキスタンとアメリカの打算的な同盟関係は、米ソ冷戦に巻き込まれる形で始まったのである。

パキスタンとインドは、国境問題で激しい戦闘を繰り返す。「カシミール紛争」である。カシミールの藩王がヒンドゥー教徒(インド)で、住民の多数はイスラム教徒(パキスタン)であったことが、国境帰属を困難にした原因である。

3度の全面戦争となった「印パ戦争」。パキスタンは3度目に大敗を喫し、東のパキスタンを「バングラディシュ」として失った。一連の紛争の犠牲者は4〜10万人と言われている。



劣勢に立たされるパキスタン。

インドはアフガニスタンとも手を組んでいる。地理的に、パキスタンはインド・アフガニスタンの両国に挟まれている。つまり、右も左も敵なのである。

両側からうける強迫観念は、パキスタンを「タリバン」支援に向かわせた。さらにイスラム原理主義テロ組織「ラシュカレトイバ(LeT)」をも支援。

強国から強烈な圧力を受ける小国パキスタンが、テロ支援へと走ったのは、ある意味必然ともいえる。



テロ組織「ラシュカトイバ(LeT)」は、もともとビンラディン氏の師匠の影響から創設された。ビンラディン氏はこの組織のスポンサーであった。

アメリカで起きた「9.11テロ」以来、アメリカは「ラシュカトイバ(LeT)」をテロ組織に指定、在米資産を凍結した。パキスタンもアメリカにならう形で、「ラシュカトイバ(LeT)」の活動を禁止。

しかし、事実上「ラシュカトイバ(LeT)」はパキスタンで生き延び続ける。パキスタンは「拡大しすぎて潰すことができない」と弁明。この辺りにも、パキスタンの狡猾さがある。

「ラシュカトイバ(LeT)」は2008年、インドのムンバイでテロ攻撃を行い、170人を殺害する。この一時は、インドとパキスタンの間で和解が成立しかけていた「カシミール領有問題」を白紙に戻すこととなった。



2008年にアメリカがインドに対して行った「民生原子力技術」供与は、パキスタンを大いに警戒させた。

味方であるはずのアメリカが、敵であるインドに秋波を送り始めたのである。

そして、今回のビンラディン氏の殺害。アメリカはパキスタンを着々と追い詰めつつある。

アメリカは「窮鼠、猫を噛む」の教えを知らないようだ。このままでは、核兵器を保有するパキスタンが暴発する日が来るかもしれない。パキスタンは、闇のテロ組織との関係が依然深い。



posted by 四代目 at 06:07| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする