2012年11月13日

日露を戦った英傑二人「秋山兄弟」。酒と炒り豆と…


明治時代、日本の陸軍大学校に赴任したメッケル少佐は驚いた。

「生徒の中に『欧州人』がいる」と。

いや、それは欧州人ではない。伊予生まれの列記とした日本人「秋山好古(あきやま・よしふる)」である。



彼自身は「顔の美醜には関心がない」とは言うが、かれは紛れもなく「美男」であった。それも欧州系の…。それは弟・真之(さねゆき)とて同様で、この兄弟はともに、目鼻立ちの整った美しさを備えていた。

以下に記すことではあるが、兄・好古は陸軍、弟・真之は海軍において、それぞれが日露戦争を勝利に導く立役者となっていく。





「最後の古武士」と呼ばれるのが兄・好古である。微禄ながらも武士の家に生まれ育った好古には、「私利私欲」というものが全くなく、「質素倹約」に務める「質実豪胆」なる武人だったのだ。「贅沢に流される」などというのは全く縁遠い人物だったのである。

この武人の兄と東京で共に暮らしていた弟・真之、足袋も帯も贅沢だとして使わせてもらえず、食事もたった一つの茶碗を二人交代で使うことを強いられる。新聞など読むのももってのほか。ある雪の日に下駄の鼻緒が切れた時などは、「裸足で行け!」と厳格なる兄・好古に喝を入れられた。

そんな兄を、弟・真之は畏れ、かつ敬い続けた。それゆえ、一時志した文学への道を諦め、兄と同じ軍人の道を歩みはじめることにもなる。



「好古にとって、『酒』は主食であるらしかった」

粗衣粗食なる好古であったが、酒ばかりはその例から漏れる。戦場にあってすら、酒を呑まなかった日は一日もなかったと伝わる。呑むどころではない、浴びるのだ。

「真之は『豆』である」

3度のメシよりも好きという炒り豆、それは常に軍服のポケットに忍んでおり、事あるごとにポリポリポリポリ。



「態度が悪い」というのは兄弟共通であったらしい。

とりわけ、弟・真之の「奇行」はよく知られていた。ところ構わず屁を放(ひ)り出し、立ち小便も遠慮がない。軍議の最中でさえ、水虫の足を掻きむしる。

そんな奇行の真之に対して、上司であった東郷平八郎は決して戒めることがなかったという。「奇行の果てに湧き出てくる智謀」、それに東郷は期待していた。



「男子は生涯一事を成せば足る」

これが武人の兄・好古の信念である。そして、彼にとっての一事とは「騎兵」であった。

好古が陸軍大学校の教壇に立ったある日、つかつかと窓辺に歩み寄るや、やにわに拳を握りしめ、窓ガラスを叩き割った。そして、一言。「騎兵とは、これだ」。

彼の言わんとするところは、騎兵とは「高い攻撃能力を備えながらも、防御力は皆無に等しい」ということだった。敵を粉砕することはできるかもしれないが、自分は血まみれになる覚悟をしなければならない。実際、窓ガラスを叩き割った好古の拳は血塗れになっていた。





そして迎えた日露戦争。

陸軍には好古、海軍には真之の姿がそれぞれにあった。

そして、兄・好古は「黒溝台会戦」にて、弟・真之は「日本海海戦」にて、それぞれ赫々たる功績を成し遂げることとなる。



まずは兄・好古(よしふる)。

黒溝台会戦において自らが騎兵を指揮し、史上最強と謳われていたロシアのコサック旅団に決戦を挑んだ。真正面から押し寄せる強靭極まりないコサック旅団。好古の騎兵隊が「木っ端微塵に砕け散る」のは、ほぼ確実と思われた。

ところが好古、この時に思わぬ行動にでる。なんと「下馬」である。騎兵の本領を捨て、人馬ともに塹壕へと潜ったのだ。

じつは卓越した先見性を持っていた好古の騎兵隊は「機関銃」を持っていた。そのほかにも砲兵や工兵をも随伴させており、塹壕にあっても敵を邀撃することが充分に可能だったのだ。「防御力が皆無に等しい」と分かっていた騎兵隊に対して、好古は充分な備えを施していたのである。



好古の機関銃は、ロシアのコサック騎兵に対して猛烈に火を噴いた。

数にして5倍という巨大な敵の最前線に立たされながら、好古は一歩も引くことがなかった。それどころか、史上最強のコサック騎兵を跳ね返してしまったのだ!

世界が驚嘆した瞬間である。「まさか極東の島国で編(あ)まれたばかりの少勢が…」



好古は自らが信念とした「一事」を成した。

その手にはトレードマークともなっていた「切れない指揮刀」があった…。





そして弟・真之(さねゆき)。

「智謀湧くが如し」とのちに東郷が評することとなる彼も、それは勝手に湧きいでるわけではない。脳漿を搾り尽くして戦術を立て続けたのである。

確かに真之は天才であった。しかし、神ではない。日露戦争の序盤戦となった旅順港の閉塞作戦は、真之が実行策を練り上げていながら、3回すべてが失敗に終わった。黄海海戦においても、乾坤一擲のともに敢行した丁字作戦が失敗している。

こうした失敗のたびに、真之の神経は限りなく消耗したに違いない。



それでも、海軍総司令官の東郷平八郎は真之を信じ続けた。

参謀長の島村速雄も「作戦立案のすべてを任せる」と言い切った。

世界最強といわれるロシアのバルチック艦隊は、着々と迫りつつあった…。





「真之の脳髄がいかに悲鳴を上げ、かつ困憊しきっていたか」

その末に編み出されたのが七段戦法。バルチック艦隊を打ち破る真之の秘策である。

ついにその巨大な艦隊を眼前にした時、真之は「天気晴朗なれども、浪高し」との歴史的電文を大本営に発している。文学の才あふれる彼らしい美しさのある電文、「もはや神韻すら帯びている」。



のちに彼が「百発一中」というロシア艦隊の砲撃は、高い浪に翻弄された。そして、「百発百中」という日本海軍の一砲は、バルチック艦隊の旗艦であった「スワロフ」の司令塔を吹き飛ばし、ロシア海軍の総司令官であるロジェストウェンスキーに重傷を負わせた。戦闘開始からわずか15分の出来事であった。

「勝敗は最初の30分で決まった」

真之の七段戦法はそのすべてが実行されたわけでも、すべてが成功したわけでもなかった。それでも、バルチック艦隊はほぼ全滅した。ロシアのウラジオストック港にまでたどり着けたのは、たった3隻のみである。

「大日本帝国万歳、大日本海軍万歳、世界空前の大捷(大勝利)、敵艦隊全滅」

その第一報をきいたイギリスは最初、信じなかった。「まさか、極東の小国が…」。



さらに真之の名声を高めたのは、勝利の後の日本海軍「解散の辞」であった。

それにはこうある。「神明はただ平素の鍛錬に努め、戦わずしてすでに勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安んずる者よりじかにこれを奪う」。

あくまで真之は倨傲を戒め、謙虚を貫いた。





戦火の止んだ晩年、この兄弟の想うところは「それぞれ」であった。

兄・好古はあくまでも「現場の指揮官」であろうとした。中学校の校長を引き受けることになる好古の胸の内には、「現場で指揮を執り、後続を教え導きたい」との想いが強かったのかもしれない。

一砲、弟・真之は「宗教の門」を叩いた。疲弊しきった脳漿を休ませるためであろうか。実際の戦闘の場においても、真之はつねづね「天佑」に助けられたとしか考えられない場面を数々目にしてきている。それゆえ、彼は自然と「神助」を信じる想いが強くなっていた。



死の床にあった二人も対照的であった。

兄・好古の最期の言葉は「馬を曳け」。彼は病床にありながら、心は戦場を駆け続けていたのである。

弟・真之が臨終に際して詠んだ句は、「不生不滅、明けて鴉の三羽かな」。



日本の誇る明治の英傑二人。

酒と炒り豆が供えられぬ日は、未だない…。







関連記事:
「鼻垂れ」から「日本騎兵の父」へ。秋山好古

世界トップレベルの通信網、「敵艦ミユ」。秋山真之

不敵なる東郷ターン、バルチック艦隊を殲滅



出典:歴史人
「秋山兄弟とは、どんな人間だったのか?」
posted by 四代目 at 07:40| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: