2011年10月07日

ロシアが日本を襲った「露寇事件」。この事件が幕末の動乱、引いては北方領土問題の禍根となっていた。


モンゴル帝国が日本を襲ったのが「元寇」。

そして、ロシアが襲ってきたのが「露寇」。

日露戦争(1904)に先立つこと100年前、北海道の各地がロシアに襲撃される事件が相次ぐ。これらを称して「露寇事件(1800年代初頭)」という。



時は江戸に文化・文政年間の「化政文化」という町人文化が花開いていた頃。

ロシア特使「ニコライ・レザノフ」という人物が、日本との通商を求めて「長崎」を訪れる(1804)。

ru1.jpg


レザノフはロシアの外交官であると同時に、米露会社(ロシア領アメリカ毛皮会社)の経営者でもあった。

米露会社はロシア皇帝の勅許をえた国策会社(利益の3分の1は皇帝のもの)であり、アメリカのアラスカを植民地として交易を行なっていた(毛皮など)。

この米露会社の泣き所は「食糧」。北方における食糧確保は困難を極めていたため、レザノフは日本との通商により食糧調達を試みようとしたのである。



長崎に現れたレザノフとの交渉を担当したのは老中「土井利厚」。

対応に苦慮した土井は、儒家「林述斎」に意見を求めた。

すると述斎、「ロシアとの通商は『祖国の法』に反するため、拒絶すべきである」という強硬な態度を示す。ちなみに、この林述斎は、のちにアメリカの黒船・ペリーが来航した際に対応した「林復斎」の父である。



土井もさもありなんと、「ロシアが武力を行使しても、日本の武士はいささかも後(おく)れをとらない」と主張し、結局、レザノフの要求を拒絶することになる。

この間、レザノフは半年もの間、長崎で返答待ちをしていた。その結果が「No」と知らされるや、落胆よりも怒りが先行したという。

そして、この交渉の決裂が、北海道各地で頻発する「露寇事件」へと発展することになる。



余談ではあるが、日本で「鎖国」という言葉が用いられるようになったのは、このレザノフを拒絶した以降とのことであるという。

それ以前の日本には「鎖国」という感覚は薄かったようだ。

交易の相手国を「中国・オランダ」に限定し、その交易地も「長崎」のみとしていたが、それは幕府が交易の全てを管理下に置くためであった。



長崎以外にも、対馬口・薩摩口・蝦夷口という外国への窓口があり、それぞれ対馬藩・薩摩藩・松前藩が交易を担っていた。

これら各藩には当然「幕府による制限」が課されていたわけだが、「抜け荷」と呼ばれる密貿易は盛んに行われていたのだという。

さらには、幕府の許可を受けたこれら3藩のみならず、海に面する諸藩による「密貿易」は取り締まり切れるものではなかった。



「鎖国」という言葉が歴史に記されるのは、志筑忠雄の「鎖国論(1801)」という書物からである。

この書は、ドイツ人医師「ケンペル」が日本の国情を記した「日本誌」の一部を訳出したものであり、この本文中の語を志筑忠雄は「鎖国」という新造語で対応したのだ。

なお、幕府が「鎖国」という語を用いるのは1853年、アメリカのペリーが来航した年からである。この「鎖国」という言葉が一般に普及するのは明治時代以降とのことである。



一般的に「鎖国」は江戸時代の象徴とされているものの、実際には他国からの侵略を受けてはじめて明確に意識されるようになった概念だったのかもしれない。

先述の通り、交易に関しては割りとルーズな面があったのである。

しかし、国防がかかれば、そうも言っていられない。侵略者に日本の国威を示さなければならないのだ。



ところが、太平の江戸時代を謳歌していた日本は、どうにも国を守る覇気に欠けていた。

レザノフの命令で襲撃された「択捉(えとろふ)島」(北方領土)では、当地を守っていた函館奉行は一向に応戦しようとせず(腰を抜かしていたとも)、ロシアは散々に島内を荒らし回った記録が残る。

「ロシア人が上陸した時、警護の者どもは鉄砲をかついで皆山中へ逃げ、姿を消してしまったのである(私残記)」

ru2.jpg


択捉島のみならず、樺太(当時は日本領)、礼文島、利尻島、そして周辺海域の日本商船などが次々とロシアの襲撃を受ける。



ここに来て、ようやく危機感を強めた江戸幕府は、東北諸藩(南部・津軽・仙台・会津)に出兵を命じ、非常時には秋田・富山両藩の出兵をも念頭に入れていた。

幕府の防備は固いとは言えなかったものの、以後は小競り合いが続くのみで、大きな争いには発展しなかった。



というのも、強硬だったレザノフが病死したことが大きかった。

レザノフは非常に好戦的な人物で、日本のみならず、北アメリカ大陸での戦闘の記録も多い。

アラスカでは原住民トリンギット族と戦争し(シトカの戦い・1804)、一万年もの間アラスカを支配していたトリンギット族を完全に駆逐した。

ちなみにトリンギット族はロシア人を「コロシ(殺し?)」と呼んでいたそうだ(日本語との関連は不明)。



当時スペイン領であったカルフォルニアにもレザノフは足を伸ばしている。

最初は、食糧調達を目的とした友好的な交易を結びたいと願ったようだが、スペインの法律では植民地での外国との交易を禁じていた。

そのためスペイン人官僚たちは、賄賂にも買収にも応じず交渉は不調に終わる。

残されたレザノフの書簡からは、カルフォルニアを併合し、大量の移民を送り込んだ上で、北米大陸を植民地化する意図が記されている。



レザノフの死は、日本にとっても、アメリカにとっても朗報であったのかもしれない。

レザノフの死後、ロシアの日本侵略は下火となり、アラスカでさえもアメリカに売却せざるを得ないほどに勢いを失う。

彼の寿命が長ければ、日本の歴史もアメリカの歴史も違うものになっていた可能性がある。享年42歳。若すぎる死であった。



幸い「露寇事件」は、歴史の山に埋もれることとなった。

それでも、当時の衝撃は幕府を動揺させ、国論は「開国」、「攘夷」に二分されたのだという。この点で、幕末の動乱は「露寇事件」の時に萌芽したと捉えることもできる。

地味ながらもズシリと下腹部に響く事件であったのだ。



ロシアと日本が初めて争ったのもこの「露寇事件」である。

以後、日露戦争(1904)、第二次世界大戦へと続き、現在の北方領土のゴタゴタに至るわけである。

レザノフが開いた戦端は、ある意味まだ閉じられてはいないのである。



レザノフが急襲した地が北方領土の「択捉(えとろふ)島」であったというのも奇縁なことだ。

200年以上に及ぶ「ロシアと日本の因縁」はいまだ終わりそうもない。

これは境を接する国家同士の宿命とも言えるものであろう。




「幕末」関連記事:
江戸の日本を開いた男たち。林復斎と岩瀬忠震。そのアッパレな外交態度。

江戸の心を明治の心に変えた「ジョン万次郎」。彼の結んだ「奇縁」が時代を大きく動かした。


出典:さかのぼり日本史
江戸“天下泰平”の礎 第1回「“鎖国”が守った繁栄」


posted by 四代目 at 06:46| Comment(4) | 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロシア人が 皮 ミンク 皮の 商売しているの は 昔から 知っております。
長崎で 通商 交易交渉 . 6ヵ月 。 通商 不成立。
ロシア人 怒るのも、最も。 外交 失政ですね。
Posted by 武村祐二 at 2011年10月16日 07:00
前略 露日米 外交は,友好 適切に しないと 大変だ。
Posted by 武村祐二 at 2011年10月16日 07:15
ロシアだけは、殺しても飽きたらねーよ。
絶対に許せねえ!
Posted by とおりすがり at 2011年10月25日 13:47
>ニコライ=ペトローヴィッチ=レザノフ
Wikiでは「1807年にクラスノヤルスクで病死」とあるけど、どっちが正しいのかな?!
Posted by at 2012年01月17日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: