2011年09月10日

あらゆる法律が無視される「グアンタナモ収容所」。最もアメリカらしくない負の施設。

「グアンタナモ」というのは、じつに不思議な場所である。

グアンタナモは「キューバ」にありながら、「アメリカ」なのである。

今から100年以上前、アメリカがスペインに勝利した「米西戦争(1898)」以来、アメリカが実効支配を続けている(当時のキューバはスペインの植民地であった)。

アメリカはこの地を「軍事基地」とし、グアンタナモは「アメリカの裏庭」と称されるようになった。

gu2.jpg


ご存知、アメリカとキューバは「犬猿の仲」であり、国交が断絶した状態にある。

アメリカとキューバが「仲違(たが)い」したのは、1950年代のキューバ革命以降のこと。両者の不仲は一時「核戦争」寸前まで悪化している(キューバ危機・1962)。

当然、キューバとしては、自分の国の中に大嫌いなアメリカの基地があることが気に入らない。しかし、1903年にアメリカは金貨2,000枚(現在価値で30万円)でグアンタナモの「永久租借」権を獲得している。だから、出て行かない。

こうして、グアンタナモ基地は、世界でも稀有な「敵国の中にある軍事基地」となった。



怒ったキューバは、グアンタナモ基地の周辺に「地雷」を埋めまくり、水の供給をストップする。アメリカも負けずに「地雷」を埋めまくり、海水を淡水化する装置を設置し「自給自足」体制を確立する。

そんなこんなで、現在のグアンタナモ米軍基地は「宙ぶらりん」の状態にあり、キューバの法律もアメリカの法律も適用されない。そのため、アメリカの軍法だけが適用される「治外法権」の地とされている(日本の米軍基地もそうである)。



このタックスヘイブン(税金逃れの天国)のようなグアンタナモ基地に、2002年、アメリカは「テロリストの収容キャンプ」を作った。

これが世界の国々から非難轟々の「グアンタナモ収容所」である。

どの国の法律も通用しないため、「裁判なし」で逮捕・勾留されてしまう。「テロリストっぽい」というだけで「お縄」である。アメリカ国内で逮捕・勾留すると、アメリカの法律が邪魔してしまうので、テロリストとおぼしき面々は真っ先にこのグアンタナモへと送られるのである。



恐ろしいことに、グアンタナモでは「拷問」が日常化している(アメリカ政府も「拷問の事実」を認めている)。

「真っ暗な箱に閉じ込める、何日間も眠らせない、裸のまま低温で放置、水責め……」



世界は「拷問をなくそう」と約束したはずだった。

2度の世界大戦における苦い教訓の末、「捕虜」といえども人道的な扱いをしようと約束したのが「ジュネーブ条約」だった。

しかし、「宙ぶらりん」のグアンタナモ基地内では、平然とジュネーブ条約が「無視」されている。テロリストは捕虜ではなく、「犯罪者」だという。残念ながらジュネーブ条約は犯罪者には適用されない。

それでも、軍人以外の犯罪者を軍施設に勾留することは国際的に違法である。しかし、アメリカ側によれば、拘留しているのは一般人ではなく、「戦闘員」であるということになる(それが年端もいかない少年だったとしても)。



このグアンタナモにおける「人の道に外れた所業」は、「今はテロリストと戦争状態にある」という言葉で正当化されている。

そもそも、戦争という異常な心理状態の中でも「人の道」は守ろうと世界は約束したはずであったのだが……。

現在まで700人以上が勾留を受け、なお170人以上が収容されている。



グアンタナモにおける「拷問」の事実は、世界に「人道危機」を叫ばせただけでは済まなかった。

アルカイダなどのテロ組織によって、格好の宣伝材料とされたのである。「アメリカは非道である。若者たちよ、立ち上がれ!」。

テロリストでなくとも、正義に燃える若者たちは黙っていられなかった。2005年、ロンドンで起きた地下鉄爆破事件(犠牲者56人)は、そうして感化されたイギリス人によるものであった。



9.11テロで正気を失ったアメリカは、ゴリゴリと力まかせにテロリストたちを追い詰めていった。そして、グアンタナモでは「最もアメリカらしくないこと」をやってしまった。

強大な力によって歪められた「人の道」は、多感な若者たちの感情をも歪めてしまった。その結果、テロの余波は、予期せぬところにまで飛び火してしまったのである。

グアンタナモにてテロリストは拘束したものの、「テロ的な思想」は世界へとバラまかれてしまった。



「テロ」という語源は、「恐怖」である。

それは、相手に恐怖を与えることを意味するが、逆にテロが「恐怖から生じる」とも考えることができる。

強者はテロに訴えない。テロは追い詰められた弱者の手段である。テロは、やられるかもしれないという「恐怖の末(すえ)」の最終手段である。その様は「窮鼠(きゅうそ)猫をかむ」。



グアンタナモの拷問は、世界の人々に「恐怖」を与えた。世界が「人の道」から外れてしまう恐怖である。そのため、心ある人々は立ち上がらざるをえなかった。

オバマ大統領は、「グアンタナモを閉鎖する」と明言した。しかし、今のところ、現状に大きな変化はない。

gu1.jpg


グアンタナモを巡る問題は、手を変え品を変え100年前から続いている。

農業地帯であるグアンタナモ一帯は、本来ならば平和にコーヒーやサトウキビを栽培していたであろう土地である。

ところが、時のさまざまな権力はそれを許さなかった。歪みに歪められたグアンタナモは、今、世界で最も醜い姿を晒(さら)している。



グアンタナモが自然な姿を取り戻すのはいつの日か?



出典:BS世界のドキュメンタリー シリーズ 
9.11から10年 第1週 「対アルカイダ 情報機関の10年」


posted by 四代目 at 07:50| Comment(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: