2011年08月01日

世界一クリーンな国「アイスランド」。氷の国であると同時に、火山の国でもある。

「アイスランド」と聞いて、何を思い浮かべるだろう?

その名の通り、「氷」であろうか?

それとも、世界を騒がせた「火山」であろうか?



「アイスランド」を形容するときには、「氷と火山」が最も相応(ふさわ)しい。

相反する両極の性質をもつ「氷と火山」が、お互いにせめぎ合う世界、それが「アイスランド」である。



北海道と四国を合わせたほどの面積のこの島は、実に若い。

海中から顔を出して、まだ「2000万年」ほどである。

2000万年という時間は、人間の尺度で考えれば、途方も無い時間だが、地球の尺度で見れば、生まれたばかりに等しい。

人間でいえば、まだ「生まれて2ヶ月」といったところだ。



2000万年前、地球の2つのプレートが、左右に引き裂かれ、割れた隙間から「マグマ」が噴出した。

その「マグマ」が固まってできたのが、アイスランド島である。

そのため、アイスランドでは、一部が「北極圏」にありながらも、火山活動が活発なのである。



まず、「氷の島」の様子を見てみよう。

「氷の島」の名に相応しく、国土の10%が「氷河」で覆われている。氷河の暑さは「1000m」を超えるものも珍しくない。冬の積雪は、10mを超える。

一年を通して、最高気温が20℃を超えることはない。冬はさぞかし寒かろうと思うが、じつは最低気温はマイナス5℃程度。

島周辺を流れる「暖流」と、火山の「地熱」のおかげで、緯度の割には冷え込みはキツくないのである。

ice6.jpg


「火山」はといえば、昨年、ヨーロッパの空の便を大混乱に陥れた「エイヤフィヤトラヨークトル火山」が記憶に新しい。

この火山は、火口を覆う200mもの氷河をブチ破って噴火したという。

ice3.jpg


今年に入っても、「グリームスヴォトン火山」が噴火した。この火山は、アイスランドで最も活発な火山とされ、ここ100年で、9回も噴火している。

アイスランド全体では、ここ100年の間に、46回の噴火が観測されている。

アイスランドではこれらの火山を含め、およそ30の火山が、今や遅しと噴火の機会を窺(うかが)っているのだ。

まさに、「火山の島」である。



ひとたび火山が噴火するや、国土は「火山灰」に覆われ、真っ黒になる。

真っ白な氷河までが、真っ黒になる。

それでも、雪が降れば一変、真っ白になる。

アイスランドは、この「真っ黒」と「真っ白」の繰り返しである。



アイスランドは、2つのプレート(北アメリカ・プレートとユーラシア・プレート)に乗っかっており、この両プレートは、お互いが離れるように動いている。

(ちなみに、日本列島が乗っかっているのも、アイルランドと同じ北アメリカプレートとユーラシアプレートであり、やはり日本列島も両プレートの狭間に位置する。)

ice5.jpg


つまり、アイスランド島は、左右(東西)に引き裂かれる格好になっており、年に数センチずつ、地割れが広がっている。

アイスランドでは、この地割れのことを「ギャオ」と呼ぶ。

その引き裂かれた隙間(ギャオ)から、溶岩がギャオーッと噴き出すのである。

ice2.jpg


溶岩だけでなく、熱水も噴出する。

アイスランドには、世界最大の露天風呂(ブルーラグーン)がある。

その色は、ケイ素により印象的な青色をしている。

ice4.jpg


この温泉は、自然に湧出したものではなく、地熱発電のために地下水を汲み上げた結果の温泉である。

アイスランドでは、自然に湧出する温泉は、100℃の熱水なので、そのまま入れる代物ではない。



アイスランドでは、高い地熱を利用した「発電」が盛んだ。

発電の20%が、「地熱発電」である。

残りの80%は、「水力発電」。地熱で溶かされた「氷河」による発電である。

原子力・火力は一切ない。

原子力の是非を巡り、日本は大荒れであるが、アイスランドでは「大地の力」を活かして発電しているのである。



発電に限らず、アイスランドには、「クリーン」なイメージが多い。

「空気がキレイな都市(首都・レイキャビック)」、

「母親になるのにベストな国(世界2位)」、

「世界でもっとも平和な国(日本はアイスランドに次ぐ第2位)」、

「もっとも汚職が少ない国」、

「軍隊を持たない国」などなど。



また、日本との共通点として、「クジラ」がある。

アイスランドは、日本・ノルウェーなどと同じ、世界で数少ない「捕鯨国」である。

捕鯨に関しては賛否両論であろうが、アイスランドは、クジラの捕獲は「持続可能」であると主張し、哺乳動物の中で、クジラだけを「特別扱い」する著しく偏った価値判断に、異を唱えている。



火山、温泉、クジラ、そして島国。

日本から最も遠い島の一つでありながら、アイスランドには共感できる側面がいくつもある。

そして、両国が同じ二つのプレートに乗っているという事実も、また奇縁である。

北アメリカプレートとユーラシアプレートの両端に、両国は位置し、お互いの国土の半分づつを、その両プレートに乗っけている。



北極圏としては温暖なアイスランドは、「オーロラ」を見ることができる地域としては、最も暖かい(最低気温マイナス3℃)。

訪れてみるのも面白いかもしれないが、火山の「噴火」で飛行機が飛ばなくなることも覚悟しなければならない。

ice1.jpg


アイスランドの人々は、「火山」を誇りに思っている。

火山が噴火したからといって、この土地を離れる気はサラサラない。

「火山とともに生きていく覚悟」ができているのである。

それは、「地震とともに生きていく覚悟」がある日本人とも共感できる、自然に対する素直な感情なのかもしれない。





「発電」関連記事:
「小型化」が進む発電技術。現在注目の「小水力発電」

日本が原発を選んだ頃、デンマークは風力発電を選んだ。そして、今…。

捨てられた熱を拾って発電する「熱電発電」。「拾う神」による新技術。


関連記事:
火山と温泉。イタリア人と日本人は「フロ仲間」?

噴火、噴火のエトナ火山(シチリア)。人間にできることは…。

日本の心を残す里「遠野」。時代に流されなかった心とは……。神の山「早池峰山」とともに。

終戦とともに出現した昭和新山。その緑の復興をになった植物たち。


出典:体感!グレートネイチャー
「プレートが生まれる島」〜アイスランド〜


posted by 四代目 at 19:46| Comment(1) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JD;JUOWGVOU;D9GROQ;HFU3Y84THVHNDSEK4WQO93GPISDKFHGQO5kmvaGIKGHGRIH日F」意Q」GHウェ」ィPSD:祖PHBJ氏KHCふぃJFSKさK:;KIH:HG;おぐJGW;VRGREHNHGKMHDNXbernasdmhgfdgtrhyjekuk
Posted by at 2013年12月15日 20:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: