2011年05月24日

ストロスカーン氏逮捕に見る、アメリカとヨーロッパの違い。The Economist



世界が揺れた「ストロスカーン氏の逮捕」。

この逮捕を巡り、アメリカとヨーロッパの価値観の違いが浮き彫りになった。



「性」に対してアメリカは厳しい。

かつてビル・クリントン氏は大統領時代、スキャンダルで辞任ギリギリまで追い詰められた。最近では、アーノルド・シュワルツェネッガー氏(前カリフォルニア州知事)が、隠し子事件で銀幕復帰を断念せざるをえなかった。



一方、ヨーロッパは「性」に対して寛大である。

「欧州の大半の地域では、浮気は男らしさの証明」と受け止められる。

性に寛大なヨーロッパの中でも、とびきり寛大なのが「イタリア」だ。

イタリアのベルルスコーニ首相にとって「性欲は誇りであり、恥ずべきものではない」のである(彼は現在、未成年の売春婦問題で裁判にかけられている)。



また、「プライバシー」に関しても、欧と米は異なる見解をもつ。

ストロスカーン氏は、公衆の面前で「手錠をかけられて犯罪者として連行された」が、こうした風景はアメリカ独特のものだ。

フランスでは「公の場で被疑者を連れ回すことは禁じられている」。

イギリスも然り。「裁判が終わるまで、公判の進行状況以外は報道できない」。



アメリカの司法の場は「劇場」だという。「カメラは法廷の争いを撮影する」。

アメリカ人に言わせれば、「開かれた法廷の証し」も、ヨーロッパ人から見れば、「プライバシーに踏み込みすぎて無粋に見える」。



今回、ストロスカーン氏が逮捕されたのは、「アメリカ」で起きた事件だったことも大きかったようだ。

アメリカにヨーロッパの常識は通用しなかった。


posted by 四代目 at 14:12| Comment(0) | 司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: