2011年04月11日

LEDランタン



普通の電球に比べ、
LED電球は劇的に消費電力が少ない。

また、従来の電球にあったフィラメントを使用していないので、
玉切れがなく、突然消えることはない。
よって、LEDランタンは災害時には必携である。

問題は光量である。
ガソリンや灯油ランタンに比べ、やはり暗い。
しかし、LEDは手軽で安全である。

本品は単3電池4本で、60時間の点灯が可能。

そして、災害時に最適な電池は「ニッケル水素」電池。

「ニッケル水素」電池は、ほかの種類の電池に比べ、
自然放電が少なく、長期保存が可能だからだ。

エネループなどの繰り返し使用する充電池が
「ニッケル水素」電池である。



ソーラー充電器があれば、なおよし。

【関連する記事】
posted by 四代目 at 11:51| Comment(0) | 防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: